BLOG

資生堂の化粧療法プログラムから当院でも行っている取り組み☆

アイキャッチ画像

資生堂ジャパン株式会社のコラムからです。

『粧う』ことがQOLの維持につながる!

化粧はしなくても死ぬことはないから介護。医療の現場ではべつにしなくてもよいのでは?

という言葉を時々耳にすることがあります。しかしながら、化粧をすると健康寿命の延伸につながる可能性が

あるならどうでしょうか?

平成26年に資生堂が実施している化粧療法の活動が経済産業省の健康寿命延伸産業創出推進事業に採択されました。

検証テーマは『高齢者にたいする化粧ケアの効果とそれによる介護削減効果の算出』です。

実際3000人の大規模調査をおこなった結果、自分でできることがふえた方が多かったとのことでした。

薬ほどの効果はありませんが副作用もなく、なにより参加者さんの皆さんがいききした表情になり

自分に自信をもつようになったことが最大の効果になったようです。

歯科の現場でも一緒に歯ブラシを握って歯磨きをしていただいたり、

当院でも扱っている医療用の口紅を塗って鏡でみてもらうだけで口数がふえたり、

何より笑顔になられる方がいらっしゃいます。

とくに当院では訪問診療を行っておりますので、患者様の意識が高くなる瞬間をよくおみかけします。

その方が自分らしさを維持できるように少しでもお手伝いしていきたいと思い診療に取り組んでおります!!!

 

 

 

 

 

2018/11/06