入れ歯

入れ歯

『 噛めない ・ 喋りづらい ・ はずれる 』

入れ歯をこのように思っていませんか??歯科材料・技術は日々進歩しています。
あの頃の食べる喜びを味わいませんか??

入れ歯は、歯という大切な臓器が失われわれた場合に、その歯と同じ役割を果たす人工臓器です。
全ての症例に対応可能な入れ歯!!歯を失った場合の選択肢としましては、
インプラント、ブリッジ、入れ歯治療があります。

インプラントに関しての詳細は、インプラントをご覧ください。
最近ではインプラント治療の人気が高くなってきていますが、インプラントも万能なわけではなく、
手術への不安を抱いている方やアゴの骨の状態・持病を持っている方の場合には、インプラント治療が適応しない場合があります。 なんでもインプラントという考えは危険です。

当院でも入れ歯はかなり力をいれております。
私自身、入れ歯の治療大好きです。

入れ歯であれば、様々な種類がありますので、すべての症例に適応するという特長があります。

入れ歯を諦めていませんか?

食事中に痛みを感じたり、入れ歯によって口腔内が傷ついてしまった場合、現在の入れ歯はあなたに合っていないと考えられます。
無理に合わない入れ歯をそのままにしていると。口の中の粘膜は傷つき、口内炎にかかっているような状態となります。

合わない入れ歯を使用していると、アゴの骨は急速に減っていきます。
アゴの骨が減ると、余計に入れ歯が合わなくなり、さらに急速に骨が減っていくという悪循環に陥っていきます。
こうした合わない入れ歯を使用されている方の多くは、『入れ歯は噛めないもの』など、
入れ歯でおいしく食事をとることを諦めてしまっています。

これは非常にもったいないことです。 歯科医療は日進月歩の世界です。
技術の進歩、歯科医師・歯科技工所の努力によりピッタリと合う入れ歯を作ることも可能になっています。
良い入れ歯は若く、美しくみえ、よく噛めるので自分の体の一部になりずっとつけていたいと思うものです。
ぴったりと合う入れ歯であれば、快適でおいしく食事をとることもできるのです!!!

合う入れ歯と、合わない入れ歯の違いは何なのかという正しい知識を患者さん自身が知ることが、自分にピッタリと合った入れ歯に出会う第一歩となります。
最先端の入れ歯治療はここまで進んでいる!
快適な入れ歯には、以下の条件が求められます。

1. 軽い材料でつくる

保険の材料で作る入れ歯は重いため、噛むという動作に負担を与えます。
一方、保険外の入れ歯で使用する材料には、保険の材料の約1/4の重さのものを使用します。

2. 薄い材料でつくる

口の中は、髪の毛が1本入るだけで不快感があるほど敏感です。
このため、保険外の入れ歯で使用する材料の場合、保険のものに比べ約1/6の厚さの薄い材料を使用します。

3. 食べ物の温もりを感じられる材料でつくる

入れ歯を入れると、温かい・冷たいといった食べ物の温もりが感じられません。
食べ物の温もりは味覚に大きな影響を与えます。このため、保険外の入れ歯では温もりを感じられる材料
(専門的に表現すると、熱伝導率の高いもの)を使用します。

4. 目立たない工夫

入れ歯をひっかける針金は、見た目にも悪く心理的な悪影響を及ぼす場合があります。
保険外の入れ歯では、この針金を見えないようにする仕組みがあります。

当医院では、『セレーブクラスプデンチャ-』と呼ばれる審美性に優れた入れ歯を提供しています。
セレーブデンチャ-とは、金属製のバネ(クラスプ)を使用しない入れ歯のことです。
このバネをなくすことで周囲から入れ歯だと気付かれにくく、笑顔に自信が持てるようになります。実際に使用している患者様からも、大変好評な入れ歯です。
しかし、すべての症例に適用している訳ではなく、場合によってはこの入れ歯をお勧めできない場合もあります。

また、『マグネットデンチャー』といって残っている歯を利用してバネをかけない方法もとりいれております。
この方法によって入れ歯の安定は優れ、ばねもかけなくてすむのです!

5. 自分アゴの高さにあった精密調整を行う

合う入れ歯を作るために一番重要なのは、手間をかけた調整です。
保険外の材料を使う事により、保険で使える材料と比べはるかに異物感を減少させる調整が可能となります。

上の1~5に当てはまるのは保険外の入れ歯になりますが、保険の入れ歯でも十分に噛める方も沢山おります。

粘り強く、頑固な職人と一緒に入れ歯で美味しいごはんを噛めるよう取り組んでいきませんか??
治療の回数は人によって長引くこともあります。そのような方は骨がうすくなっているなど条件が悪くなっているのです。
時間がかかっても美味しくお食事ができるようにあなただけの大切な入れ歯をつくっていきましょう!そのために必要な歯医者さんのパートナーは歯科技工士さん!!
ピッタリと合った入れ歯は、歯科技工士の腕次第!!
入れ歯は歯科医師1人で作るものではありません。

当院では院内に技工士がいるため、一緒につくりあげていきます。
精密な作業に定評があり、技術力が素晴らしく、患者様からの評判もよいです。

当院の技工士より

技工士の面白さとは??

プラスチックや金属を加工し、自分の思い通りに作り上げて、
患者さんのお口の中にピタッと思い通りに仕上がったときのほのかな満足感ですね!!
子供さんでもこわれたものを歯科の材料を使ってなおしてあげるととても喜んでくれます。
自分の作ったものや修理したものによって患者様が喜ばれた姿をみれることが本当に嬉しいです!!

患者様の笑顔のために!!

患者さんが入れ歯をいれて今まで、食事をするとき難しい顔をしていた…

そんな方に楽しそうな明るい笑顔で食事をしてもらいたい。

患者さんにとにかく喜んでもらいたい。

入れ歯づくりを常に考えて頑張っています!!!

この前も病院の前を掃除していたら、
『技工士さんですよね?何でも噛めますありがとうございます』
と深々と挨拶していただきました。

ありがたい言葉でした。

病院には何回も義歯調整にこられる患者様もおられます。
私達は石膏という硬い材料の模型上で入れ歯を作っています。
口の中は柔らかいところ、少し硬いところがあって
予想して作っているつもりでも微妙に違います。

つくづく入れ歯づくりは億が深いと何年たっても思います。
自分の未熟さも思い知らされます。

ホームページを見てくださった方へ

私達ができることは一生懸命やります ぜひ一度きてみてください!!

ピッタリと合った入れ歯は「アンチエイジング」の効果があります!

歯は顔の輪郭を形作っている重要な要素です。
歯の代わりとなる入れ歯が大きかったり、小さかったりすると顔の輪郭が変わってしまいます。
低い入れ歯は唇が薄くなります。この輪郭の変化が顔のシワ・タルミの原因となり、老け顔を助長する元凶でとなります。

つまり、自分にピッタリ合う入れ歯は「痛くない、しっかり噛める、はずれない」
といった機能的な面の回復だけでなく、シワ・タルミが生じないといった審美的な面までも回復してくれます。

しかし、お口の環境は時間の経過とともに変化していきますので、機能面・審美面を維持するためには、
歯科医院での定期的なメインテナンスが大切となります。

・例えば当院での入れ歯治療の例として
左は他院の入れ歯になります。治療後は当院の保険の入れ歯になります。

こんなにおおきくてかめるの??と思われるかもしれませんが、
実際口元も若くなって美味しく噛めるとのことです。

良い入れ歯は若く、美しく見える、よく噛める、自分の体の一部になりずっとつけていたいと思うものです。

両親へ”ピッタリと合った入れ歯”を贈ってみませんか?

御高齢の方の中には入れ歯の情報を知らない方もいらっしゃいます。
合う入れ歯で物をしっかり噛むことで「認知症予防」 に大きな効果があるのです。
顎を動かすことにより脳の中を流れる血液の量が大幅に増加し、脳細胞を活性化させるためです。
これはある統計でも証明されており、アルツハイマーになってしまう方には、歯が少ない人が多いようです。

もし、ご両親が入れ歯で悩んでいるのであれば、お気軽にご相談ください。

入れ歯Q&A

①入れ歯は定期的なチェックを行わなければいけないと聞いたのですが、どうしてですか?

歯がなくなり、入れ歯を使用していると、あごの骨や歯ぐきがしだいにやせてきます。
つまり、徐々にお口の中の形が変わってきてしまうので、当然、入れ歯がお口に合わなくなってきます。
そうなると、入れ歯がお口の中であってない入れ歯をつかうことで、痛みが出てきます。そうすると噛む力に影響を与えます。
そのため定期的に入れ歯・お口の中を歯科医院でチェックし早めに変化の兆候をつかんで、対処することが必要となります。

②入れ歯のメンテナンスはどのように行えばいいの?

入れ歯は清潔に保つことが第一! 入れ歯には食べ物のカスやプラークが付着しやすく、
放置すると周りの健康な歯に悪影響が出てしまいます。常に清潔な状態に保つために、1日1回は必ず取り外して洗浄することを忘れないでください。

■ブラッシング
ブラシを使用して丁寧に優しくブラッシングしてください。

■歯石除去
入れ歯にも歯石が付いてしまうことがあるため、気付いたら歯科医院で除去してもらいましょう。

■洗浄剤使用
細かな部分の汚れをとるために、定期的に入れ歯洗浄剤を使用してください。

■保管
入れ歯を乾燥させると変形の原因となるため、就寝時などは水を入れたコップに入れておきましょう。