顎関節症・スプリント治療・スポーツマウスガード

顎関節症・スプリント治療・スポーツマウスガード

歯ぎしり、顎関節症

歯ぎしりは、夜間睡眠中などに上下の歯をギリギリとこすり合わせたり、ギューっと喰いしばったりすることを言います。これにより「歯のすり減り」、「歯周病の悪化」、「偏頭痛」や「肩こり」、さらには「顎関節症」を発症することが知られています。 歯ぎしり防止用の装置として「ナイトガード」をお勧めします

また、顎がカクカク音がなる、口があかない、顎の周囲が痛い等の顎関節症状でお悩みの方はたくさんいらっしゃいます。当院ではそのような症状でお困りの患者様の症状を少しでも和らげるような治療をしております。
日ごろ何気なくしている習癖が実は顎関節症の要因になっていることもあります。お気軽にご相談ください。
型どりをして患者様専用のトレーを作製します。主に夜間の睡眠時に使用していただくことになります。レーザー治療や電極マッサージなども行っていきます。

chin_01.png

顎関節症は、精神的なところからくる場合もあり、原因がはっきりしないことも多いです。ですから上記の治療でもすぐに治癒しない場合もあります。 その場合、専門の病院を紹介させていただくこともあります。

顎関節症は、精神的なところからくる場合もあり、原因がはっきりしないことも多いです。ですから上記の治療でも奏功しない場合もあります。 その場合、専門の病院を紹介させていただくこともあります。

ナイトガード

chin_02.png

 

スポーツマウスガード

マウスガードとはスポーツには怪我がつきものです。特に動きの速いスポーツやコンタクト(接触)の多いスポーツでは、脳震盪を含め顎口腔領域への怪我の 発生率が高くなっています。児童から成人までスポーツを楽しむにはまず安全であることが重要です。これらの怪我から顎口腔領域を保護する装置としてマウスガード(マウスピース)があります。

 

危険度の高いスポーツ

ボクシング、ラグビー、アメリカンフットボール、ホッケー、アイスホッケー、サッカー、ラクロス、ハングライダー、柔道、空手、相撲、マウンテンバイク、モータースポーツなど

 

中等度の危険を有するスポーツ

バスケットボール、ハンドボール、スケート、スキー、スノーボード、野球、体操、乗馬、スカッシュ、飛び込みなど

 

マウスガード

chin_02.png

 

睡眠時無呼吸症候群

近年、閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)が引き起こす社会的な問題は深刻化しています。睡眠時無呼吸症候群とは夜間睡眠中に呼吸停止が頻発する睡眠障害という病気のひとつです。これにより「いびき」、「日中の眠気」や「頭痛」、さらには「高血圧」や「糖尿病」の悪化などを引き起こすことが報告されています。過去には交通事故、タンカー座礁、原発事故などにつながった例もあります。SAS患者の居眠り運転による交通事故率は、無呼吸でない人の7倍といわれています。

睡眠時無呼吸治療用の「スリープスプリント」と言われる装置を提供しています。

スリープスプリント

chin_04.png

 

スリープスプリント口腔内装着

chin_05.png